活字中毒 | マインドエッセイ

私は活字中毒である。趣味は?と聞かれれば 「活字を読む事」である。読書と言えば聞こえが良いが、活字であれば、新聞からパンフレット、週刊誌やもちろん雑誌や本など、活字が載っているものは何でも良い。活字を読むのが大好きである。仕事から疲れて帰って来た時は ごろっと横になり新聞などを読み、ゆっくり休む。その為 私のベッドには読んでいる新聞 雑誌 本などが山積みである。お風呂に入れば 半身浴をしながら 軽い本を読む。至福の時である。時々は本をお湯に濡らしてしまう事もあるが・・・

フランス菓子を学び始めた時 ケーキが膨らんだり 沢山の驚きがあった。その頃 製菓理論の本を読むのがとても面白かった。海外へ旅行する時も 旅行先の歴史などが載った本をわくわくしながら読み、帰って来たら 思い出に耽りながら 又その本を読む。

最近 テレビを見る事が少なくなってきた。バライティー番組が多く、その笑いが理解出来なくなってきた。これは私が年をとった老化現象の一つかな!と残念に思える。同じ世代の方に聞くと、同じ事を言われる。あるテレビ局の方に聞いた話だが、今 民放のテレビ局は視聴者の対象を15から30歳向けにしている と聞いた。これでは 私たちの世代が見ても理解できないはずである。益々、私のテレビ離れが進み活字中毒が進むばかりである。読むのが好きなので、書く事も好きである。思いを字で表現するのは難しい。なかなか適切な表現が出来ずに、悶々とする。30年ほど前にエッセイを書きたくてある先生のもとで1年ほど勉強をした事がある。それでやっと書くのが楽しくなった。

この度は、マインド社のご依頼で1年間エッセイを書く機会を頂いた。ご期待に添えたかどうかは気になる処だが、私自身は毎月楽しんで書かせて頂いた。読者の皆様方には1年の間拙文にお読み頂き、大変嬉しく存じている。厚く御礼を申し上げます。


投稿日時:2013/4/24 (水) カテゴリー:いしはらのりこのエッセイ


イタリアとスイス 美食と絶景にふれる10日間 ※大好評につき、満員となりました。ありがとうございます。